お金

お金のブロック解除(前編)

今、あなたは十分に豊かですか?

十分な収入を得ていますか?

お金や経済状況で悩みを抱えている方はとても多いと思います。

このサイトの管理人Rieetaも、もちろんその一人でした。

4年制の大学を卒業したにも関わらず、転職を繰り返したために、月収が20万円を超えたことがありませんでした。一人暮らしで、引っ越しも多かったので、貯金もほとんど無く、何かあれば家族に頼らなければならない状況が長く続きました。

お金や経済に関するメンタルブロックは、実は様々あります。

「お金」のブロックではない場合もあります。

例えば、「自己否定」や「自己攻撃」のパターンが強いと、「稼げない」「お金に困る」という出来事を作り出して、「だから自分はダメなんだ!」と自分を攻撃する材料にしている場合もあります。

「お金」がどんな性質のエネルギーで、どのようなブロックが考えられて、どんなワークをするとそれらをクリアして豊かな生活を手にすることができるのか、については、また別の記事でアップしていきますね。

今回は、Rieetaの体験をシェアします。

人の体験を見聞きすると、自分の中のブロックに気づくきっかけになったり、似たようなブロックが浮いてきて外しやすくなったりしますので、ご自分の感情の動きや体感を感じながら読み進めてみてくださいね!!

目次:(前編)

・妖怪貧乏神の正体は!?

・なけなしの貯金をはたいて詐欺にあった!?

目次:(後編)

・「だます、だまされる」体験の根っこは何?

・貧しい過去生の解放ワーク

・そして結果は!?

妖怪貧乏神の正体は!?

これはある人の「妖怪」の浄化を手伝ったら、自動的に私自身の似たようなものが浮いてきてくれた体験です。

「妖怪」と言っても怖がらないでくださいね!

どちらのケースも、光を当ててヒーリングをしていくと、過去生が完了しないまま長年一緒に転生を繰り返して来た結果、妖怪ちっくになってしまった存在でした。

その人の「妖怪」は、恋愛で利用され傷ついたお姫様でした。

私の「妖怪」は、ありあまるほどの財宝を手にしながら、一番欲しかった愛が得られずに、「愛が得られないならこんなもの何の意味もない!!」と、絶望の内に「財産」「富」を否定した王様でした。

「愛」が得られなかったのは、自分で自分を愛していなかったから。

どれだけ領地を広げても、どれだけ戦いに勝ちあがっても、深い自己否定は埋まることはなく、その究極が、「愛する人から愛されない」体験でした。

もちろん、この時点での過去生では、「それを体験したかった」ので、これでいいのです。

私たちは、地球体験をするために、本来の「無限の愛」の状態では体験できないことを体験するために、わざわざ自らの波動をめちゃめちゃ重たくしてこの地球に降り立って、不幸や悲しみや暴力や差別などを体験してきたので

地球3点セットである「恐れ」「罪悪感」「無価値観」のほかに、それぞれのテーマになるオプションを加えて、実に様々な体験をしてきたわけです。

管理人Rieetaの場合は、「自己否定」と「自己攻撃」と「失敗感」

というわけで、「妖怪貧乏神」と話をして、納得してもらって、上に上がってもらいました。

※本文中の下線部は、別ページに詳しい解説をご用意いたします。

なけなしの貯金をはたいて詐欺にあった!?

貧乏神を上げたので、次なるものが浮いてきました。

実は、この時というのは、芋づる式に次々に関連したものが出て来て、結果ものすごく大きなブロックをすっきりと手放すことが出来たのですが、渦中にいる時点ではそんなことはわかりません。必死です(笑)。

 

経済的に少しでも稼げるようになりたいと、あるオンライン講座を検討していました。

正確に言えば、無料講座を受講していたら、最後に有料の講座の案内が来て、「4日間限定の申込」となっていました。

自分で新たなビジネスを立ち上げようと四苦八苦しながら行き詰まりを感じていたRieetaとしては、ワラにもすがる思いで申し込みたかったのですが、いかんせん先立つものが心細い。申し込んだら貯金を全部はたいてしまうことになります。

悩んだ末に、まず「お金がない」という感覚を解放しました。

「よし、申し込んでみよう!!」と思えたので、いざ申込フォームに行くと、手が止まってしまいます。

「ん?」と思いました。

手が止まるのは、2種類の理由があります。

一つは「やめておけ」

もう一つは「恐れ」です。

この見極めが毎度本当に難しいです。

とにかく、身体が緊張でカチカチになり、この「恐れ」「不安」「緊張」を、何度も何度も手放しました。手放すと、「やめておけ」か、「前に進もうとしたために浮いてきた恐れ」なのかがわかります。

すっと楽になって、「やめておけ」ではないようなので、ぽちっとな、しちゃいました。

すると、すぐに届いたメールに、「自由に使える資料室」の鍵が添付されていて、そこに行ってみると、なんと!!めちゃめちゃ古いものばかり!!!作成者も、「全部は見ていないので、あなたが使えそうなものを選んで使ってください」

なに~~~!?

見てないものを、「めっちゃ特典」とか言ってオマケにつけるのかぁぁぁぁ!?(白目)

「騙された」

と思いましたね。

ずずん、と落ち込んだ気持ちを、またまたひたすら解放していきます。

ふっと軽くなった時に、「あ!」と思いました。